爪を派手にできなくても、ネイルサロンへ行く理由があります

爪を派手にできなくても、ネイルサロンへ行く理由があります

ネイルサロンは爪が長くて、綺麗にマニキュアを塗る人が行くところ?いえいえそんなことはありません。きれいな指を作るためのネイルケアはとっても大事だから、ネイルサロンでケアだけうける人も多いですよ。ネイルケアを専門にやっているネイルサロンもあるくらいです。それに飾らない爪ほど、日頃のお手入れが映えるものです。
美しく爪先をそろえて、生活感のある甘皮やささくれをケア、仕上げに保湿のオイルをたっぷりつけて日頃の疲れを癒してあげませんか。

 

先端を美しくそろえるだけでも指がきれいに

普段爪を切るとき、爪切りでバチバチ切っていませんか?あまり勢いよく切ると二枚爪の原因になりますし、思わぬ方向に切れてしまったなんてことありますよね。
爪は左右対称のきれいなカーブを描いているのが理想です。10本の爪の長さもきちんとそろえて、それだけのことでも自分ではなかなか難しいもの。
優しくファイリングしてもらって、美しく先端を整えたら指がきれいに見えることだってあります。少しなら白い部分が残ってもOKという場合は、ある程度好みの形に切ることもできます。毎日自分で見るお爪ですから、丸くしたいのか真っすぐにしたいのかなどこだわりたいですよね。

 

爪の身だしなみ、甘皮のケア

爪の根本には甘皮という、角質のようなものがあります。甘皮がべったりとついていると、何となくあか抜けない印象に。ネイルケアでは、この甘皮を柔らかくして優しく取り除きます。
甘皮のケアはクリームのみを使うドライケアと、お湯につけて柔らかくするウォーターケアがあります。時間をかけてじっくりケアするなら、ウォーターケアが断然おススメ!お湯をはったボウルに指をつけて、甘皮を柔らかくして優しく除去します。綺麗になる上に気持ちと感じる人も多いはず。甘皮を処理すると、爪が一回り大きく見えると言う人もいます。

 

割れた爪も何もなかったようにリペア

『一日に30回以上手を洗ったり消毒したりするので、爪も傷んでしまって・・・ネイルサロンでケア&リペアしてます』という看護婦さんの話を聞いたことがあります。爪が割れてしまったり、二枚爪で薄くなると見た目はもちろんちょっとした刺激で痛んだりしますよね。
割れ目が大きくならないうちに、ネイルサロンでリペアしましょう。自分でネイル用接着剤でとめたりすると、すぐに剥がれてしまいますよね。ネイルサロンでは接着剤のつきをよくするために、軽く削って油分をしっかり除去してから接着します。強度を増すために、シルクという布状のものを張ったりもします。
大きな傷が入ってしまった場合には、スカルプチャーネイルで使う人口爪用のアクリルをのせます。もとの傷がどこへ行ったの?ってくらい綺麗になります。

 

心と指先を癒すハンドマッサージ

普段無意識に使っている手は、意外と疲れていることもあります。保湿効果を上げるためやリラクゼーションのために、ハンドマッサージを試してみるのもいいかもしれません。リラクゼーションサロンでは一番の目的は心地よさ・ヒーリングですが、ネイルサロンではやはり一番は美しさです。保湿効果の高いクリームを使い、指先までしっかりマッサージ。しなやかで美しい指をめざします。

 

クリアジェルや薄いピンクも素敵

長い爪や派手なカラーはダメだけど、クリアや薄いピンクはOKという人も多いはず。薄いピンクやベージュだったら、カラーを選ぶ楽しみもいっぱいありますよ。ファンが多くてシックなピンク&ベージュは、種類が充実しているお店も多いんです。透明感のあるクリア系やシアー系お色なら、ナチュラルな色づきで派手にならないのでおススメ。桜外のようなカラーは健康的で好感度もありますし、白っぽいピンクは清楚なイメージ、可愛いけど落ち着いたピンクベージュも素敵です。
爪が薄くて割れやすいのが悩みという人には、クリアジェルもおススメです。爪の補強にもなりますし、光沢のある仕上がりになります。

 

 

仕事に家事にと頑張っている手はとっても素敵ですよね。美しくケアされた爪は、見違えるようになります。爪の長さは短くても是非一度、ネイルサロンでお手入れしてみてはいかがでしょうか?