ジェルネイル、UVライトとLEDライトの違いとは?

ジェルネイル、UVライトとLEDライトの違いとは?

ジェルネイルを硬化させるためのライトに、UVライトとLEDライトがあるのをご存知ですか?
UVライトは対応するジェルの種類が豊富で実績も多いです。LEDライトは硬化時間が短くて小型軽量、価格も最近ではだんだん安くなってきました。ネイルサロンでもスピーディにできるLEDのジェルを導入しているお店も増えてきました。
それぞれの特徴をご紹介するので参考にしてくださいね。

 

 

UVライトとLEDライトは対応するジェルが違う

ジェルはUVライトやLEDライトに当てることで硬化させます。硬化させるまではクリーム状で、塗った後でも拭き取って落とすこともできます。
そして一度硬化したら、がっちり爪をコーティング、日常生活で?がれない綺麗なジェルネイルになるんです。
このとき、このジェルはこのライトで反応して硬化する、という相性があるんです。相性が悪いと、硬化しなかったりちょっと触るだけで剥がれたりしちゃいます。
そもそもUVとLEDは、硬化させる方法が違うのでUVのジェルはLEDでは硬化しませんし、LEDのジェルはUVでは硬化しないんです。UVとLEDのジェルを混ぜるのもダメですよ。

 

 

UVライトはジェルの種類が豊富

UV硬化ジェルは、日本にソフトジェルがやってきたころからのもの。実績も多くて対応するジェルの種類も豊富なのがメリットです。
UVライトはジェルを紫外線で硬化させます。紫外線というと、太陽にあたったときに日焼けを起こす厄介者のイメージでしょうか?UVライトでは、その紫外線を人工的に作っています。日焼けする光の成分はカットしてあるので、日焼けはしませんよ。ライトUVライトの中を覗くと、蛍光灯のようなライトが入っています。このライトは家の蛍光灯と同じようにワット数があります。9W、12W、36Wなどが一般的で、数字が大きい方が早く硬化します。このライトは寿命があり、交換が必要です。ライトの購入時にはライトの寿命や、交換用ライトのお値段も確認しましょう。

 

 

 

LEDライトはスピーディな硬化が魅力

LEDライトは名前の通りLEDで硬化するライトです。LEDライトはなんといっても、硬化時間が短くスピーディーに施術できるのが魅力!UVで2〜3分かかるところLEDでは数十秒で固まります。
使うときに気をつけたいのは、ライトに当たっている部分しか硬化しないことです。爪の向きが直接ライトに向いてないと硬化しないのです。
ライトの寿命が長いので、使用回数を考えるとセルフネイルだったら交換の必要はないでしょう。軽量小型のものが多く、最近ではペンライトの形などいろんな形のものが、販売されています。

 

 

UVライトとLEDライトの違い、いかがだったでしょうか。LEDライトの販売され始めたころは、ライト自体の値段も高くて対応するジェルも少なかったのですが、最近では値段も徐々に下がり対応するジェルも多くなってきています。一方どうしてもUVにしか対応しないジェルもありますから、悩みどころですね。